カテゴリー別アーカイブ: まとめ

SWI01-ProductLayout

ミニチュアゲーム・ニュースまとめ 8月第4週

GENCON期間だから、終了後にいろいろ発表されるだろってことで先週はお休みしたけど、情報も出揃いましたので復活!

■Imperial Assualt

SWI01_box_left

先日『Star Wars:Armada』を発表したばかりの「Fantasy Flight Games」が、今度はスター・ウォーズのミニチュア・ボードゲーム「Imperial Assault」を発表! 1人のプレイヤーが帝国側、2~4人のプレイヤーが反乱軍側に分かれて戦う、ダンジョンハックっぽいスター・ウォーズのボードゲーム。

SWI01-ProductLayout

ミニチュアのスケールは不明ですが、FFGの製品なのでクオリティは期待できそう。タイルとミニチュアは同社のスター・ウォーズTRPG『Edge of the Empire』とか『Age of Rebellion』に流用してもいいかも!

■X-Wing

Most-Wanted-Backdrop

そんな「FFG」が放つ、アメリカで2番目に売れているミニチュアゲーム『X-Wing』にまさかの新勢力「スカム・アンド・ヴィラニー(Scum and Villany、下衆と悪党。オビ=ワンの台詞からの引用ですね)」が登場! その名の通り、賞金稼ぎや宇宙のゴロツキどもで構成されたワルな勢力になるようです。俺はこの勢力がやりたかった! Most-Wanted-product-shot_v3b

拡張パック「Most Wanted」には、スカム仕様に改造された「Z-95 Headhunter」と「Y-wing」に加え、今までに発売された「Firespray-31(Slave-I)」、「HWK-290」をスカムに加えるためのデータカードが収録。

StarViper-product-shot

さらに犯罪組織『ブラック・サン』の首領プリンス・シゾールの戦闘機「Virago」が有名な「StarViper」も発売。これと「Outrider」で『帝国の影』を再現できるじゃないの!立体化されること自体が嬉しいアイテム。 M3-A-product-shot

加えて、MMO『Star Wars:Galaxies』をやってた人くらいしかわからない気がするハット・カルテルの「M3-A Interceptor」も登場。『SWG』でこの機体をいっぱい撃墜したような……。 IG-2000-product-shot

そして、賞金稼ぎ「IG-88」の戦闘機「IG-2000」も登場。これで帝国側の「Slave-I」や反乱軍の「Outrider」と戦ったら超熱いぞ! 次なるゲームも発売されて、もうネタ切れかなぁとおもいきや続々商品を出してきた『X-Wing』。これからの展開も楽しみですね!

■D&D:Attack Wing

さて、発売がだんだんと迫ってきている「D&D:Attack Wing」のプロトタイプ版のプレイ動画が公開されました。今回は地上戦のルールも使っていないので基本的には『X-Wing』な感じが強い。そして、ドラゴンがやっぱりでかい! 興奮する! 発売が楽しみですね!

■Heavy Gear:Blitz

DP9-9333 Heavy Gear Blitz Tabletop Wargaming Beta Rules Cover Web

ロボット・シミュレーション・ミニチュアゲーム『Heavy Gear:Blitz』の新版ベータ・ルールブックが公開されました。 今までのシミュレーション要素の強いヘヴィなゲームではない全く別のゲームに生まれ変わった印象。今年の年末にKickstarterキャンペーンを展開して、新版ルールブックの資金集めをするようですので、貯金しておきましょう!

■Beyond the Gates of Antares

Antares-Alpha-PDF-cover-600x848

ボルトアクション』でお馴染み、「ウォーロード・ゲームズ」が「Warhammer」のデザイナーであるRick Priestleyとタッグを組んで生み出す新作SF『Beyond the Gates of Antares』のアルファ版ルールブックがテスター向けに公開されました。というわけで、テスター登録して読んでみましたよ!

世界観は人類が銀河中に進出し、独自の適応/進化を遂げた後の遠未来というポスト・ヒューマンものっぽい感じ。ルール表紙のエイリアンっぽい人たちも元をたどれば人間。そんな人間たちがエイリアンも巻き込みながら互いに争いを繰り広げてるという世界のようです。

『ボルトアクション』と必要になるミニチュアもだいたい同じくらいで、オーダーダイスやピンなど、共通するルールが多く、まさにSF版『ボルトアクション』といった印象。

「ウォーロード・ゲームズ」には国内に公式代理店があるので、もしかしたら国内取扱もあるかも……!?

■Rise of Kage

10623348_417980435007398_899037261012402841_o

和風ファンタジー・ミニチュアゲーム『BUSHIDO』で知られる「GCT Studios」の新作はニンジャ・ミニチュア・ボードゲーム『Rise of Kage』! 詳細は不明ですが、ミニチュアはかなりクールな仕上がりの様子。近日Kickstarterでプロジェクト始動予定とのこと。

■28mm Fantasy Champions from Around the Ancient World

f3db3828c42c551f567c6d8ccdf8976b_large

古代文明にインスパイアされた28mmのファンタジー・ミニチュアのKickstarterプロジェクトが始まりました。TRPGで中世ファンタジーとは一味ちがうモデルが欲しいって方にはピッタリなモデルですね!

■Avatars of War

aowpl12-ps_blister aowpl12-ps_1

スペインのミニチュアメーカー「Avatars of War」の新作『Marauders of the Apocalypse』の予約が始まりました。『Kings of War』等のファンタジーゲームで半裸の野蛮な男たちを並べたいぜという方に最適なプラレジン・キット。

■Games Workshop

『Warhammer』の新製品「Nagash, Supreme Lord of the Undead」の予約が始まりました。オールドワールドで最初のネクロマンサーであり最強の魔術師を再現するに相応しい大迫力の超巨大モデル(画像は公式サイトで御覧ください)。 果たして『Warhammer』のタイトルの下についてる「End Times(終末の時代)」ってのはどういう意味なのか?

 

今週はこんな感じでございました!あんまりGENCON関係無かったね!

DnD-AW_Home

ミニチュアゲーム・ニュースまとめ 8月第2週

そろそろ盆休みに入る方も多いかと思いますが、みなさんミニチュアゲームで遊ぶ予定は立てましたでしょうか?

それはともかく、来週末はアメリカ最大級のアナログゲーム系イベント「GenCon」が開催ということで出展メーカーのコンベンション限定/先行発売モデルの詳細が続々公開されています。

その辺も合わせてサクっとまとめていきましょう!

■D&D Attack Wing

DnD-AW_Home

今まで何度かご紹介しているD&Dの空戦ミニチュアゲーム『Dungeons & Dragons Attack Wing』のルールがWizKidsのサイトで公開されました(PDF)。

X-Wing』とルールを共有する部分も多いですが、近接攻撃突撃、また高度の概念などが追加されている様子。また、地上ユニットは隊列を組んだりするらしく、少々複雑にはなってるかもしれないけれど、一味違ったゲームが楽しめそうです。

■STAR WARS: Armada

ArmadaBoxLeft

そして今度は『スター・ウォーズ』の艦隊戦ミニチュアゲーム『STAR WARS: Armada』が登場。こちらも『X-Wing』と同じ部分を持ちながらも、結構違う雰囲気のゲームになりそうです。

ArmadaGamePlayLayout

モン・カラマリ・スター・クルーザーをいっぱい並べて「これは罠だ!」って言ったらもうStarWars:Armadaは満足しそうだ。

■Kingdom Death

057-0

エログロ系ファンタジーミニチュアでお馴染みのブランド「Kingdom Death」の新作「Nightmare Ram」が登場。

057-3

なんとこのミニチュア、漫画家でミニチュアゲーマーのRebis先生がデザインを担当! 奇っ怪で恐ろしいモンスターに仕上がっています。

ただ、Rebis先生に、セクシーな女性キャラじゃなく「ヤギ」をデザインさせたってのはどういうことなのか!?

Nightmare Ram」は「Kingdom Death」の日本の正規代理店「Full Metal Planet」で予約受付中。

■Warmachine/Hordes

Privateer Press」の『Warmachine』/『Hordes』の新モデルのプレビューが公開されました。

75050_HelgaTheConqueror_WEB

『Hordes』の「Minion」のウォーロック「Helga The Conqueror」。巷(=私のTL上)では、姫騎士として話題のモデル。設定上は女武将って感じで、姫要素はありませんが、シールドに付いたキャノンで何するかが気になりますね。

73082_StriderBlightblades_WEB

続けて「Legion of Everblight」のユニット「Strider Blightblades」。「Strider Rangers」とのコンパチ・キットで、「Rangers」の接近戦版って感じの様子。果たしてどんな能力をもってるのかな? 見た目から「Parry」と「Side Step」はありそうな感じ?

image2

そして、GenCon限定モデルとして「Blighted Bather」が登場。こちらは、コレクションとしてはもちろんのこと、トーナメント等では「Spawning Vessel」のモデルとしても使うことができるとのこと。会場へ行けない人向けに、PPのOnline Storeでも数量限定で販売されるそうですよ。

■Malifaux

WYR20320-ArachnidSwarms

Wyrd Miniatures」の『Malifaux』から8月発売の新モデルが登場。ちょっと量が多くて紹介しきれないので、画像はこちらから公式サイトでご確認ください。基本的に旧モデルを新造形&プラ化したもの中心。

Box-HiredGuns

Box-Whiskey

また、GenConで先行/限定発売される製品も公開されています。新モデルを含む2版対応のクルーボックスが続々リリース! よりマッチョになった「Von Chill」もかっこいいし、「Whisky Golem」も素敵。

Arsenal

(自分の手持ちがほとんどWave2だったので)待ちに待った2版対応データカードのWave2も先行発売。

TTB

また、個人的にかなり注目している『Malifaux』と世界観と一部ルールを共有するTRPG『Through the Breach』も先行発売。『Malifaux』の売りの一つであるトランプによる成否判定を採用してるらしいのですっごく気になるタイトルです。

こちらの限定/先行発売の製品はGencon開催期間中、公式ショップでも購入可能。詳しい画像や価格は公式サイトでどうぞ。

■Dungeon Saga

Kings of War』や『ドレッドボール』でおなじみ「Mantic Games」の新作ボードゲーム『Dungeon Saga』のKickstarterプロジェクトが公開され、資金募集が始まりました。

dc0557a78dc4cf9f2a5a48188a3aa951_large

『Dungeon Saga』は、1人マスター対1~4人のプレイヤーという「ディセント」や「ヒーロークエスト」などに代表される、TRPGライクなダンジョンハック・ボードゲーム。

18703e2e28eb1a1429998ddcbe31ffc1_large

デザイナーは『ドレッドボール』や『Deadzone』や対戦型ダンジョンハック・ボードゲーム「Dwarf King’s Hold(DKH)」などで知られるジェイク・ソーントン。今作は「DKH」ベースにしたゲームで、判定部分などをある程度共有している様子。

7d4b932a1f8f9fa7f5f08e5e9face4e9_large

追加ルールでよりオリジナルのキャラクターやダンジョン、シナリオをデザインしよりTRPGっぽくなるものやソロプレイなども収録予定とのこと。いろんな遊び方ができるのはいいですね!

基本的にアンデッド軍と冒険者の対決を描くシリーズとのことで、TRPGにそのまま使えそうなアンデッド系と冒険者っぽい樹脂製ミニチュアがたくさん付属。

c4f85d6cf89aea60930b1f78cb1e45a6_large

ドワーフのゾンビなどちょっと珍しい方向のミニチュアもあるので、TRPGプレイヤーもミニチュアとダンジョン用タイル目的で買ってもいいかも? Kickstarter限定のレジン製ミニチュアも気になりますね!

■Saga

sizeimage

「Gripping Beast」の中世暗黒時代ミニチュアゲーム『Saga』の十字軍時代を再現する拡張本『Crescent & Cross(C&C)』がついに発売されました。

時代考証は別にして『C&C』は今までの本に収録されていたヴァイキング時代の勢力とも対戦できるように調整されているとのことなので、いろんな遊び方ができそうですね。

ヒストリカル的な面で細かいことを言うと、今回新たに収録される十字軍の勢力と今までのラス・プリンス(キエフ公国)やビザンツと戦ってるし、アラブ系勢力やスペイン系勢力などは、今までのヴァイキングやフランク等とは戦っていてもそんなにおかしくはないはず。なので新旧織り交ぜてガンガン遊べることでしょう!

今週はこんなかんじで。ちなみに、GenCon等のコンベンションが開催されるシーズン中は、中小メーカーはコンベンションに人員を割いてることが多いので通販しても反応が遅かったりするのでご注意ください。

GBRAB1

ミニチュアゲーム・ニュースまとめ 8月第1週

今週はアクション映画の神アーノルド・シュワルツェネッガーの生誕記念日……というわけで、名作『コマンドー』の名台詞「第三次大戦だ」にちなんで、今週のミニチュアゲーム・ニュースのまとめは世界大戦ゲーム特集。

■Flames of War

Great-War-Logo-XL

第二次大戦期の戦車戦を再現するミニチュアゲーム『Flames of War』の第一次大戦版サプリメント『Great War』向けのドイツ軍とイギリス軍のアーミーボックスが登場しました。

GGEAB1

GBRAB1

黎明期の戦車が塹壕を突破し戦う時代を再現できるかなり熱いセット。こりゃあ別売りの塹壕をいっぱい買って戦場に並べたくなりますね。アーミーボックスは8月末発売予定

GreatWarCovers

サプリメント『Great War』はこのセットに付属する他、ヒストリカル・ミニチュアゲーム誌『Wargames Illustrated』の2014年8月号にも付属しています。

同誌は『Flames of War』以外にも様々なヒストリカル系ゲームが特集されていて、デジタル版だと入手も簡単なので、気になる人は買ってみてはいかが?

■ボルトアクション

tankwar_copy_1024x1024

第二次大戦期の歩兵戦を再現するミニチュアゲーム『ボルトアクション』で、戦車戦をやるための新サプリメント『Tank War』。そのデザイナーであるアレッシオ・カバトーレによる解説が英語公式サイトに掲載されました。

armoured-platoons

解説によると『Tank War』はArmoured Platoonsを編成するための新ルールを提供するもので、その他の部分はボルトアクションの基本ルールに従っており、通常のReinforced Platoonと対戦も可能なんだとか。

legendary-crew

また、戦車戦用のシナリオや、伝説的クルー、歴史的戦車戦を再現するためのシナリオ/データなども収録されているとのこと。

『Tank War』は9月発売予定で現在予約受付中。ボルトアクション日本語版を販売しているフリージアエンタープライズでも、このサプリメントの日本語サポートを行う予定とのこと。楽しみですね!

Unboxing-Corvus-Bellis-Infinity-Operation-Icestorm-PostImage1

ミニチュアゲーム・ニュースまとめ 7月第4週

忘れた頃にやってくるミニチュアゲーム・ニュースまとめ!

■INFINITY

Unboxing-Corvus-Bellis-Infinity-Operation-Icestorm-PostImage1

スペインのミニチュアメーカー「Corvus Belli」の近未来SFスカーミッシュ『INFINITY』の2プレイヤースターターセット『Operation: Icestorm』の詳細が、ミニチュアゲーム情報サイト「Beasts of War」上で明らかにされました。

Unboxing-Corvus-Bellis-Infinity-Operation-Icestorm-PostImage2

超かっこいいPan OceaniaNomadの2勢力のミニチュアとルールブック加え、ロゴ入りの20面ダイス、紙製マットとテレインも付属するという豪華な仕様! 最高に素晴らしい!

価格は75ポンド(約1万2000円)とけっこうお得な感じで、8月31日発売予定。

■Dungeons & Dragons

71583_Icons_Starter_Set_02

「Wizkids」のD&D向けミニチュアがついに発売されました。先日発売された、D&D Nextのスターターでのセッションに合わせた構成。以前あったD&Dミニチュアと変わらない造形&塗りクオリティ。軽くリペイントすると、もうちょっとかっこ良く見えることでしょう。

■Tabletop Workshop

8828300

8827981

プラスチック製テレインでおなじみTabletop Workshopから見張り塔と城門が登場。組み立て分解可能なところが魅力。これで気軽に攻城戦ができるぞ・・・!TRPGで雰囲気を出すために置くのもいいかもね。発売は8月中頃を予定。欲しい!!

■Avatars of War

aow69_blister

aow70_blister

スペインのミニチュアメーカー「Avatars of War」の新作が登場。今回は中世風の人間の将軍2種。マスケット銃をたくさん持ってる眼帯の男が超かっこいいね! Kings of Warの人間軍のヒーローや、ウォーハンマーRPGのキャラクター用モデルとしてもぴったり。

今週は少なめですが、こんな感じで!

10492572_609769782455498_659620933816376996_n

ミニチュアゲーム・ニュースまとめ 7月第3週

毎度おなじみ無軌道なミニチュアゲーム・ニュースまとめ。

■DORASURE

10517495_609769789122164_3519010864979028968_n

高円寺のミニチュアゲーム/ボードゲームショップの「ジャイアントホビー」から、純国産のミニチュア・ボードゲーム『DORASURE』発売。プレイヤー冒険者の一人となって、仲間と協力しながらドラゴン討伐を目指す完全協力型ゲーム

xxxxx

(ミニチュアゲーム・ニュース的に)最大の魅力は、28mmスケールのメタルミニチュア(未塗装)が5体入りなところ。ファンタジー系TRPGにもそのまま使えそう! 両肩が城っぽくなってるナイトが特にカッコイイ!すべて一体成型なのもボードゲーム駒として気軽でいいですね。

10492572_609769782455498_659620933816376996_n

30分でプレイできるという軽めなゲームなところも魅力的。価格は3900円。メタルフィギュア5体入っててこの値段は手頃! ジャイアントホビーのオンラインショップ他、ボードゲームショップで取扱中。

■Soda Pop Miniatures

11cd4cab2a94efcb26921f2dbe0d05c4_large

「Soda Pop Minitures」のダンジョン探索ミニチュア・ボードゲーム『Super Dungeon Explore』の新拡張版『Forgotten King』が先行発売開始。拡張版とはいえ、単独で遊べる仕様。先行版は先日のKickstarterでのおまけがたくさんついたバージョンとのこと。

52830b36bad5431d743fe915e86207ef_large

気になってるけどまだ遊べてないタイトルの一つ。ミニチュアがアニメ目で未塗装なのがペイントに高度な技術を要求されて辛い。

■Demigods Rising

886ba54c73f988531775a02b79e764ea_large

DoTA』や『League of Legends』などに代表されるPCゲームの一大ジャンル「MOBA」のミニチュアゲーム版という触れ込みの『Demigods Rising』のKickstarterがまもなく開始。実はボードゲームとしてKickstarterを一時期やってたんですが、再スタートとなるようです。

ea8c6398b71dcdc4d80cfecd51344b6d_large

c6fd6fe315acc50f38f0621cb748a0c1_large

ミニチュアはカッコイイのもいますね。プレイ風景からは「MOBA」っぽさが伝わってきませんが、どんなシステムなのかが非常に気になるところ。

■Black Scorpion

pirates3lr

hillbilly-boyslr

海賊と西部劇なら俺に任せろ的なミニチュアメーカー「Black Scorpion」から新作が登場。海賊と田舎のおっさんたち。アサシン クリードIVのエドワードっぽいフードの海賊がカッコイイ!

■Onlaught Miniatures

10299019_313883032111932_3836713480672962099_n

EPICに使えと輝き叫ぶ6mmミニチュアでお馴染みの「Onlaught Miniatures」から、「シグマの後・イプシロンの前帝国」のアレ的雰囲気を感じる巨大ロボ『カイジュウ』が登場。EPICにこいつのデータはない気がしますが、ファンメイドでどうにかなるのかな?

■Knight Models

10501763_517508375016152_3124123592124017649_n (1)

版権系ミニチュアゲーム・メーカー「Knight Models」の新作はDCコミックのヴィラン「デスストローク」! バットマンのゲーム「アーカム・ビギンズ」に登場した超かっこいいバージョンがモデル化。これは買う。

今週はこんな感じでございました!

ミニチュアゲーム・ニュースまとめ 7月第2週

Sagaの紹介記事で3週間ほどおやすみしていたミニチュアゲーム・ニュースまとめでございます。恋しかった?(『シャーロック』のネタバレ注意)

ちょっと前のニュースも含め、まとめて紹介しちゃいますよ!

■ディストピアン・ウォーズ

10474685_763855690350980_3037627339841272558_n

2版が発売されたディストピアン・ウォーズの新モデル。中国の飛行ロボット! こいつはメッツガーとかイカとかと対決させたいロボだ!

DWAL431

そして、インドも登場。意外と普通にブリタニアの船を改造した感じ。その他の写真は公式サイトでどうぞ。

■Privaeter Press

75049_JagaJagaTheDeathCharmer_WEB

73081_Neraph_WEB

71085_BorkaVengeanceoftheRimeshaws_WEB

Warmachine/Hordesにも新製品が多数登場。リージョンの「セラフ」/「ネラフ」のコンパチ・プラキットが登場し、熊ボルカ(エピック・ボルカ)も正式公開ですね。メスのワニウォーロックも気になる。

72085_BradigusThorleTheRunecarver_WEB

個人的一番の注目は、このサークル・オブ・ウロボロスの新ウォーロック「ブラディガス・ソーロル」。サークルの設定の中に名前が出てくるものの、ゲームにはなかなか登場しなかった男がついに参戦。

既に「IRON KINGDOMS」の方でモデル化されてたりしたのですが、かなり成長した様子。今回のはすごくかっこいいね!サークル始めたくなってきた! その他情報は公式サイトでどうぞ。

■CorSec Engineering

Steampunk Unit Health Small

Steampunk Unit Health Medium

Steampunk Unit HEalth Large

非公式アクセサリーを販売するCorSec EngineeringからWarmachine/Hordesに使えるアイテムが登場。ユニットのHP管理にかなり便利そうだ!

■LITKO Game Accessories

10269539_861960957166919_7186904923510145811_n

10347479_861960953833586_6567694552653300437_n

そして、同じくアクセサリー・メーカーのLITKO Game Accessoriesからは、『X-Wing』向けのテンプレートが発売。元からテンプレートが充実してるゲームなので、便利さはまぁまぁかな・・・?

■Relic Knights

RK-Solicit-Starters-Noh-flat-web-900x491

RK-Solicit-Starters-CerciSpeedCircuit-flat-web-900x491

アニメ調ミニチュアでおなじみのSoda Pop MiniaturesからRelic Knightsがついに発売。どんなゲームか気になりますねぇ。

■Games Workshop

Warhammer 40,000のOrksのコデックスの新版と新モデルが登場。今回も日本版の発売はなし。画像等詳しくは公式サイトで。

■D&D

tyranny_tiamat

ダンジョンズ&ドラゴンズ』の新版の基本ルールが無料公開となりました。今のところ版元の方針で日本版展開ができなくなっているようですが、今後に期待したいところ。近いうち遊んで見る予定。ウォーフォージドのサプリが早く欲しい。

■ドレッドボール

20130911_de2ae0

告知が遅くなりましたが、私が翻訳を担当いたしましたSFスポーツゲーム『ドレッドボール』の公式日本語版ルールブックが完成しました。カラーではなく白黒ですが、英語版と装丁の変わらないソフトカバーの冊子となっております。

現在、フュリアスグローリー様、アイコノクラズム様でドレッドボールの基本セットに付属する形で取り扱いが行われています。詳しい紹介はまた今度!

今週はこんな感じで!

SWX23-24-art

ミニチュアゲーム・ニュースまとめ 6月第3週

今週もやってきましたミニチュアゲームのニュースのまとめ。今回はTRPGにも使えそうなものも紹介しますよ。

◼︎Battle System

10273279_646255945461114_9007508548258380604_o

紙製テレインメーカーの「Battle System」のファンタジー向けのテレインが公開されました。ミニチュアゲームはもちろん、グリッドが書いてあるので、D&Dとかでも便利そう。

厚紙製の組み立て式なので、バラして持って行って会場で組み立てるようにすれば、でかいダンジョンでも持ち運びが楽になるでしょう。この手のものは、組み立てに結構時間がかかるのが難点ですが。

こちらはKickstarterで資金を募集予定。

◼︎Micro Art Studio

10458161_294207200739782_9200915623208931816_n

テレイン/カスタムベースのメーカー「Micro Art Studio」のスチームパンク・ミニチュアゲーム『Wolsung』の専用マットが先行公開されました。Malifauxなどのミニチュアゲームの他、グリッドを使わない系のTRPG(IRON KINGDOMSとか)に使えそうな感じ。

こちらもKickstarterで資金を募集予定。

◼︎One Page Rule

Grimdark-Racing-WIP-Cover-Art-e1402584803438

 

以前紹介した「One Page Rule」から、40kのミニチュアを使ってレースをするルールセット『Grim Dark Racing』の最新版がリリースされました。コース上にあるアイテムを拾って活用しながらレースするマリオカートみたいな雰囲気の超シンプルなゲームが遊びたい人はぜひ。

■X-Wing

「Fantasy Flight Games」の『X-Wing』の拡張第5弾が発表されました。今回は「YT-2400」と「VT-49」という知ってる人は知っている、知らない人は全く知らない映画シリーズには未登場奴らの登場だ!

 

swx23-layout

 

まず「YT-2400」こと「アウトライダー」。スター・ウォーズのEP5とEP6の間を補完するストーリーが描かれた小説/コミック『スター・ウォーズ帝国の影』の登場人物で、ニンテンドー64で発売された同タイトルのゲームの主人公「ダッシュ・レンダー」の専用機。実は特別編では背景で飛んでるシーンが後で足されたりしました。

 

Rendar_and_Leebo-N64

 

ダッシュ・レンダー」は元帝国アカデミーのエリート・パイロットだったが、とある事件をきっかけに帝国を恨み、密輸業者となり、反乱軍に協力した男。要するに、頭がクロワッサンのお姉さんと恋に落ちなかった代わりに筋トレしたハン・ソロって感じの人物。

ボバ・フェットら賞金稼ぎと死闘を繰り広げたり、スピーダーバイク・レースに参加するなど、カーボナイトの板にならなかったらハン・ソロがやってたに違いないことを次々とやってのけたクールなアクションヒーロー。

個人的に「ダッシュ・レンダー」はスター・ウォーズで一番好きと言っても過言ではないキャラなので、今回の「YT-2400」は『X-Wing』を本格的にやろうかなぁと思わせるリリース。とりあえず、ゲームやるやらないは置いておいて、コレクション用として買うしかない。

 

swx24-layout

 

そして、「VT-49 Decimator」。MMORPG『Star Wars Galaxies』に登場した機体。当時のMMOとしてはかなり画期的で、映画のファンも嬉しい要素を満載した名作だった『Star Wars Galaxies』(「Combat Upgrade」まではな)のプレイヤーにはたまらない機体!

ゲーム的には帝国のジェダイであり、後にルークの妻となる「マラ・ジェイド」のカードが入っているのが熱い。

発売は2014年8~9月ごろ発売予定。

SWS19-22-dice-bags

FFGはこの他にもスター・ウォーズのダイス・バッグも発表しています。こちらも同時期に発売予定とのこと。

■Lock & Load

先週末開催された『Warmachine』/『Hordes』のメーカー、「Privateer Press」主催のイベント『Lock & Load』のレポートが各地でアップされています。

ファンサイト「iWargame」では写真レポートを公開中。ついに登場したEpic Borkaのモデルなど気になる写真がたくさん掲載されてます。

Warmachinne/Hordesと世界を共有するスチームパンク・ファンタジーTRPG『IRON KINGDOMS』の拡張版『Monsternomicon』の映像も会場で初公開。

多数のモンスターのデータのほか、モンスターのデータのカスタムの仕方などを収録。ウォージャック誕生のきっかけとなった侵略者「Orgoth」のデータもあるようです。どれくらい強いのか?

そして、最強生物であるドラゴンの影響を受け、変異してしまった「Blighted」のキャラクターの作り方が書かれているのが熱い。「Blighted」にされながらもドラゴンに反旗を翻し戦う正義の男なんてプレイヤー・キャラクターも作れるようになるのかな……?

そして「Twitch」のPP公式チャンネルでは、Warmachine/Hordesの世界最強プレイヤー決定戦『IRON GAUNTLET』の試合の様子を録画したものを配信中。最終戦のラスト数ターンがかなり熱いので要チェック。

今週はこんな感じで!

25cef5a94683ef104a28d39bea803445_large

ミニチュアゲーム・ニュースまとめ 6月第2週

今週も筆者の心に響いたミニチュアゲームのニュースをご紹介。

■Warmachine/Hordes

Privateer PressのWarmachineの新製品が続々発表。今回はHordesのレッサーウォーロックが勢揃い。詳しいことは公式サイトを見ていただくとして……、

Horgle-Ironstrike

個人的に一番の注目はTrollbloodのレッサーウォーロック「Horgol Ironstrike」。鍛冶屋キャラなのかな?

公開済みの能力を観る限り、便利なSlag/Pyre Trollをウォーロックとは別のフューリー枠で動かせるのはかなり良さそう。モデルもマッチョでだいぶいい。

Imperatus

そしてRetribution of Scyrahの「Imperatus」。「Phoenix」の改良型で、破壊されても不死鳥のごとく復活する能力を持つ凄いやつだよ。

■Lock & Load

そしてそんなPrivateer Press主催のイベントLock & Loadがこの週末2日間で開催中。新商品の発表、情報公開の他、Warmachine/Hordesの世界中からプレイヤーが集い最強プレイヤーを決定する大会『IRON IRON GAUNTLET』も開催。会場の中継がこちらで行われています。

さらに、フリープレイ卓では24時間ぶっ通しでゲームが行われたりもしているようです。熱い!

後日いろんな動画/画像がUPされると思うので、詳しい紹介はまた今度。

■Tectonic Craft Studios

tilt_fix_large

テレインメーカー「Tectonic Craft Studios」からWarmachine/Hordesの大会フォーマットのひとつである『Steamroller』の破壊可能な目標マーカーとして使うのに便利な使えそうなMDF製マーカーが発売。

ちなみに、6月21日(土)、東京の練馬で『Steamroller』のフォーマットを使ったイベントが開催予定。まだ参加者募集中ですので、お近くの方はふるってご参加ください。自分も参加しますよ!

■Red Box Games

25cef5a94683ef104a28d39bea803445_large

筋肉造形に定評のあるミニチュアメーカー「Red Box Games」がKickstarterキャンペーンを開始。今回は蛮族軍団のミニチュアを発売するためのキャンペーンとのこと。すでにワイルド・マッチョなミニチュアがたくさん公開されています。

個人的には、蛮族・オブ・蛮族のコナン・ザ・バーバリアン(シュワ版)っぽいミニチュアが出ることに期待したいところ。そのためだけに投資してもいいでしょう。

■Sally 4th

saga_crescent_and_cross_crusades_tower_4

テレインメーカーのSally 4thから、十字軍期の中東の城や街を再現するMDF製テレインが発売。

以前お伝えしました通り、中世暗黒時代ミニチュアゲーム『SAGA』の十字軍期を再現する拡張『Crescent & Cross』に合わせての発売だったはずが、『Crescent  & Cross』がけっこう遅れて今月の後半リリースとなり、対応するミニチュアやテレインの方が先にそろってしまうという形に。

sizeimage

そんなSAGAのイギリス大会「Saga Grand Melee」が開催中。参加者はこのヴァイキングの限定ミニチュアが配られてます。こちらも面白そうな動画/写真が上がったら改めて紹介します。

今週はこんな感じで! 『SAGA』の勢力紹介もちょっと遅れ気味ですがゆっくり書いておりますのでお楽しみに。

07c45eac53faa94ec6404331d3afa5d3_large

ミニチュアゲーム・ニュースまとめ 6月第1週

◼︎Scibor

spartan_leonidas_p_01

ミニチュアメーカーSciborから宇宙スパルタ軍の「Leonidas」が発売。超かっこいい!

◼︎Blackwarter Gulch

wildes-rangers

西部劇ミニチュアゲーム『Blackwarter Gulch』の新モデル「Wilde’s Ranger」が発売。『ワイルドバンチ』的な撃ちまくりができそうなガトリングがありますね。『Dead Man’s Hand』にも使えそう。

wales-stewart

どう考えてもクリント・イーストウッドなミニチュアも同時発売。これも欲しいな。

◼︎INFINITY

10153894_10152230540198842_1644629061308161363_n

近未来SFミニチュアゲーム『INFINITY』の新作が発表。未来十字軍騎士やパンダが素敵。

10365852_10152230540078842_1884633522275567190_n

でも今回のリリースで一番目を惹かれたのは、この「Kazak Spetsnazs」。未来スペツナズ!ちゃんとボーダーのシャツ着ていてかっこいいけどこれ手描きなんだだよね……。

◼︎DUST

Dust-Tactics-June-01

第二次世界大戦SFミニチュアゲーム『DUST TACTICS』の新ルールブックとカードのセットが発売。第3版にあたる改版ですが、今回はマス目を使わないでゲームをするルールのバリエーションも登場。大変気になりますねぇ!

07c45eac53faa94ec6404331d3afa5d3_large

また、アフリカ戦線をテーマにしたキャンペーンBOX「Operation Babylon」発売のためのKickstarterも始まりました。

◼︎ジャッジ・ドレッド

JD010-Judge-Dredd-Starter-set-a_1024x1024

コミック原作のミニチュアゲーム『Judge Dredd』の日本語版が発売されました。めでたい!詳しいことは以前の記事で。

今回はここまで。DUSTは初版からずっと買ってるけどまだあまり遊べていないので、これを機会に遊んで行きたい! しかしまだまだやることが……。Sagaの紹介記事は来週には書きますのでご期待ください。

ミニチュアゲーム・ニュースまとめ 5月第4週

さぁ、今週もやってまいりました、ニュースのまとめのお時間でございます! 今週はD&D関連に結構動きがあったんでそちらを中心に。

■ダンジョンズ&ドラゴンズ

TRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)』の第5版(にあたるもの)の「ダンジョン・マスターズ・ガイド」、「プレイヤーズ・ハンドブック」、「モンスター・マニュアル」の表紙がD&Dの公式Facebookページで発表となりました。

10296705_10152398162211071_1403025911518199572_n 10320560_10152396043671071_4524827311232386104_n 10390393_10152396043581071_7602083816466343216_n

以前、プレイテスト版でマスターをやりましたが、4版の流れというよりはクラシックD&Dに寄った作りのルールセットで、シンプルかつ整理された印象だったので、非常に楽しみ。

横浜のエンカウンターズ(D&Dの平日イベント)で一時期毎週4版のマスターをしていただけに、ちょっと寂しい気もしますが、4版で遊びたくなったら戻って遊べばいいので全く問題はなし。

しかも、5版はどうやら過去のサプリメントを使える仕様となっているらしいので、そちらにも期待しています。とりあえず日本語版の展開が始まったら買っていこうかな。できれば英語版は電子版で欲しい。

■D&D Attack Wing

 

10349081_10152397857861071_1130607386823337586_n

そんな『D&D』の新作ミニチュアゲーム『Attack Wing:Dungeons & Dragons(AW:D&D)』のミニチュア写真がD&Dの公式Facebookページで公開されました。これがこのままのレベルで販売されるなら素晴らしいクオリティ!(別アングルの写真はこちらから)

dungeons-and-dragons-facebook-1

『AW:D&D』は、空戦ミニチュアゲーム『Wings of War(Wings of Glory)』の流れをくむFFGの『X-Wing:Miniature Game』のルールシステム『Flight Path』を使った、移動をプロットで事前に決めるタイプの空戦ゲーム。

まだゲームの詳しい情報は明らかになっていませんが、ドラゴンがブレスを吐いたり格闘したりしながら空戦するミニチュアゲームとなる様子。地上勢力も確認されていて、大弓やウィザードのユニットを地上に配備できるようです(写真はプレイテストの様子。ソース)。

『Flight Path』系は短いイントロですぐ遊べるシンプルなルールでありながら、読み合いが面白く、現状あるミニチュアゲームのルールセットの中でもかなり完成度の高いものなので、この『AW:D&D』は大いに期待しています。いずれまた詳しく紹介する予定。

10月1日発売予定。国内でも広く取り扱いがあるといいなぁ。

■X-Wing

 

SWX22-Layout

そして、『X-Wing』の新ミニチュア「Tantive IV(コレリアン・コルベット)」が登場!エピソードIVの冒頭でダースベーダーが乗り込んできて、スター・デストロイヤーにしまわれちゃうあいつ! SWGで攻略したのが懐かしい。

ゲームとしては新造された移動テンプレートとエネルギーのルールを使い、『X-Wing』に新たな側面をもたらす様子。写真を見る限り、新たなテンプレートが複数登場しており、気になる感じ。欲しい!でも、デカすぎて置けない!

■Warmachine/Hordes

 

32099_ServathReznikWrathofAges_WEB

Privateer PressのWarmachine/Hordesの新モデルが今週もぞくぞく公開。今週の注目は、「Servath Reznik, Wrath of Ages」。Menothの処刑人Reznikが戦車に乗って帰ってきた! 超ゴツくて大変素敵なモデルですね。

今週はこの他にも、Kickstarterで先行リリースされたジャーニーマン・ウォーキャスター達の別ポーズ版が登場。詳しくは公式サイトで。

■SPECTRE

062ec2f070dea29b5ec05e9b8b8390bd_large

先日紹介した『Spectre』の歩兵戦ルールベータ版が公開されました。

じっくり読めてはいないですが、判定はシンプルながら、装備類のデータが豊富な印象。基本的にWYSIWYG強制なのがちょっと大変かも。

ダウンロードはこちらから(PDF)。

■Tabletop Workshop

500x500

テレインメーカー「Tabletop Workshop」の新作は中世の納屋と小屋。28mmスケールで『Saga』やその他のファンタジー系ゲームと相性が良さそう。

プラ製で組み立て/分解が可能ということで、持ち運びにかなり便利そうですね。『Saga』用に「4Ground」製のテレインいっぱい買っちゃったけど、これは欲しいぞ……!

今回はここまで。今週も『Saga』の特集記事を書きますよ!